伊澤クリーニング商会

「冬に活躍したウール製品、来シーズン気持ちよく着るために」

衣替えといえば、季節の変わり目に行いますが、冬物の取り扱いは相談を受けることが多いです。

特にウール素材のものは知識がないと、どのようにメンテナンスをして、どのように保管すれば良いのか悩みますよね。

当店では、ドライクリーニングの後、1点ずつ水洗い(手洗い)し、お品物の気になる点をお聞きし、国家資格クリーニング師が最適なお手入れをご提案しています。長く愛着をもって着ていただけるように、ご要望に応じて「穴」、「ほつれ」等の修理にも対応しています。

「なぜウール製品の水洗いがいいのか」

衣類には、洗濯の方法が記載された絵表示(タグ)が付いていて、ウール製品の場合、そのほとんどが「ドライクリーニング」となっています。

衣類の洗濯の方法は、大きく2つあり、ひとつは「ドライクリーニング」、ひとつは「水洗い」です。それぞれ、落とせる汚れが違い、ドライは、皮脂などの油汚れ、水洗いは、汗などの水に溶ける汚れを除去します。

冬に着たウール製品は、体内から出る皮脂汚れと汗汚れが付着した状態です。

当店では、ウール製品をドライクリーニング+水洗い(手洗い)することで、両方の汚れを衣類から除去します。

また、ドライクリーニングは、水を使わず、石油系の溶液にドライクリーニング用の洗剤を投入して洗い、その後、乾燥することで石油系の溶液を揮発させます。すなわち、ドライクリーニング後、衣類にはドライクリーニング用の洗剤成分が残留することになります。この残留した洗剤成分も水洗いする事で除去ができます。

ウール製品=ドライクリーニングが常識ですが、汗汚れや、ドライクリーニング用の洗剤成分の除去には、水洗いが有効です。

水洗いをしたウール製品は、生地本来の風合いが蘇り手触りが良く、弾力のあるふっくら感に仕上がり、サッパリとした着心地になります。